恋愛は経済学のテーマ。そしてタブー視されてきたもの。

恋愛は経済学のテーマって本当?

恋愛×経済学

恋愛は、経済学のテーマになるそうです。

これまでエコノミストや経済学者が「恋愛」のテーマを論じる場合、「ゲーム理論」などを駆使するのが一般的でした。

つまり、結婚相手を探す独身の男女をいかに「マッチング」させるか?ということが主眼におかれていたわけです。

例えば、2012年にノーベル経済学賞を受賞したアメリカカルフォルニア大学のロイド・シャプレー名誉教授がその第一人者だといえるでしょう。

今までタブー視されてきたもの

そして、今までタブー視されてきたのが、「不倫」というテーマでした。

すでに紹介したように、今までは既婚者との恋愛事情を論じること自体が、モラル的に完全にアウトだということもあり、

タブー視されてきたのです。

そのため、そもそも研究対象にならなかったと言った方が正しいのかも知れません。

しかし、最近はその風向きが一気に変わってきています。

有名人の不倫騒動

一つ挙げられるのが、有名人の不倫騒動です。

有名人の不倫が騒動になるたびに、芋づる式に一般人の不倫でさえも、焦点が当てられます。

実は不倫している男女は、そのような騒動が大きくなるたびに、心をドキドキさせているでしょう。

結婚前の不倫調査がおススメ

ですから、浮気を調査するのであれば、結婚後ではいけません。

結婚前に全ての身辺調査を終えておくのです。

新しい大臣を入閣させるときに、色々と政治資金などについて調べるのと一緒です。

結婚前に、奥さん候補、旦那さん候補が、浮気をしていないかしっかりと確認しましょう。

興信所 結婚調査ならば、こちらのサイトを確認して下さい!

 

お気に入り