アメリカ探偵の

実は探偵業が認められている国家の数は多い。 代表的国家であるアメリカを含めて EU 加盟国も探偵業を法的に認めている。 [7] 以外にもイギリス、カナダ、メキシコと南米の多数国家でも合法的探偵と私設情報機関が設立されて活躍中である。 特にアメリカの場合、制限された意味で逮捕圏が認められたりするなど司法的機能を持った場合もたびたび捜してみることができる。 (宝石中の受刑者が他の主に逃避するとか保釈金を未納する時逮捕して司法機関に越すのがアメリカ探偵の主業務の中で一つだ。 懸賞金狩人に敬遠されるきらいがあるが … ) ただしアジア圏国々ではなんだか探偵が合法である国が極めて珍しいきらいがある。
実は英語圏では自称探偵事務所を調えた探偵を目黒区で依頼なら!浮気調査や人探しなど失敗しない探偵ならココがこまごましい事件(ペット失踪など … )を解決する童話も結構捜してみることができる。
フィクションでの描写と違い大概の国家では探偵は司法的権限が制限されているから普通の刑事法に根拠した犯罪者を アダニは場合は極めて珍しい。 もしそういう場合でも普通は収集された情報を司法機関に提出して合法的に起訴されるようにするのが一般的である。 本当にだめであるならば金前日のように精神的に圧迫を加えるか … . (金前日の場合警察関係者が付き添って、コナンは子供なので気絶させて分からないふりをすれば移る。) 実際の探偵が業務を行う方法が分かりたければプレドリックポサイス(ジャッカルの日著者)が書いた小説 ‘オベンゾ’を参照しなさい。 失踪者を探すために捜索をする探偵の姿が詳しく出る。 普通探偵従事者は情報をよく引っ張り出すために警察官継子の場合もあるが、後世界専門探偵と言うのもあってこれらは組織暴力団、やくざ、マフィアと繋がれて後世界情報を抜き取る(こんな探偵が主人公であるフィクションもある). この場合問題はこんなに後世界と繋がれた探偵が依頼人に詐欺を働くとか途方もない依頼金を追加要求するとかするということ。 それに探偵業は大概の場合依頼自体も不法で消費者被害規定のようなこともまともにできたのがないので探偵一つ間違って会ってこんな事にあえばそのままかまれるしかない。 多方面にまともにできた職業ではない。 それに身近の脅威もしばしばあう。 フィリップ言葉でが訳もなくしばしば当たるとか危険に処するのではない。 映画のように深い事件を掘り下げることは現実では命をかけることとまったく同じである。

 

お気に入り